まるで火星のような地表をしたアイスランド。
滞在3日目は大移動デー。
空港近くのGrindavikにある友人宅に2泊した後、羊飼いの友人宅へ。この旅一番のハイライト!

彼女の住む街はレイキャビクから車で6時間ほどかかるKrossnesiという村。
見渡す限り小高い山、目の前は海、そして羊!
スーパーはなく、近所に小さな商店があるだけという、まさに秘境的な場所。

交通手段はバスを乗り継ぐか週2便くらいしかないセスナ機のみ。
バスでの乗継を覚悟していたのですが、友人は息子に会いにレイキャビクにステイしていたので、
行きはレイキャビクから彼女の運転でKrossnesiへ行くことに。

首都レイキャビクを出て20分ほどすると、対向車にもなかなか出会わなくなるアイスランドの道路。
人口30万人の国がなせるワザです。
対向車のかわりに、目前に広がるのがアイスランドの雄大な景色がこちら。
iceland_mt
レイキャビクからKrossnesiまでの素晴らしすぎる景観は、世界の車窓から顔負けです。
人っ子一人いませんが。

iceland mt2


ice car
渋滞知らずのアイスランド。対向車より、羊に遭遇する率の方が高い。
このドライブのためだけに、またアイスランドへ行きたい。

ice horse
遠くにぽつぽと見えてきたのは馬。

ice lake
山を越えると湖。刻々と変わる大自然。

ice fall
こんな滝もそこらじゅうに。

ice sealion
海に目を凝らすと、アザラシの親子が日向ぼっこ!

ice road
アスファルト道が終わり、残りの100kmはこのガタガタ道。そしてリアス式な海岸線のため、さらに3時間。

Ice sheep2
途中、羊の横断者が。

Ice road2
数日前に降った大雨で土砂崩れが多発し、通行止めに。
友人もレイキャビクで足止めを食らっていました。今日もこの先進めるのか少し不安に。。

ice komatsu
まだ土砂崩れの舗装中。こんな僻地で世界のKOMATSU!
遠い母国の技術力に感動しましたであります!
そして・・・
ice od h
約6~7時間のドライブを経て、友人宅へ到着!

オーシャンビュー、羊が草を食む山、牧羊犬…。
良い予感しかしない、Krossnesi滞在初日です。
スポンサードリンク