早いもので今年も12月…。去年2015年の12月はデンマークのクリスマスシーズンを謳歌しておりました。

冬のデンマークの気候は曇り、強風、暗い、寒い、という四重苦。午後15時には暗くなり始める日照時間の短さに、11月は気分も落ち気味に。うつ病患者が多いという理由も納得のどんよりさでした。

そんな厳冬のデンマークですが、12月は街中がクリスマス一色。

滞在していたボーンホルムス・ホイスコーレではクリスマス・ツリーが飾られ、学校の外には電飾が飾られたり…と華やいだ雰囲気に一新。ふさぎ込みがちな冬の気分も和らぎます。

さらに学校最後のイベントとして、生徒と学校職員全員が妖精・Nisse(ニッセ)になるという、デンマークならではのクリスマス行事が発表されました。

デンマークのクリスマス・ニッセ

Nisse(ニッセ)とは?

 そもそもニッセは誰なのかというと、北欧神話に出てくる妖精。木よりも身長が低く、長いヒゲ、赤いニット帽がトレードマーク。見た目的に小さいおじさんって感じです。

彼らはクリスマスの時期、人間にいたずらをする妖精。なのでデンマーク人はクリスマス・イヴに彼らの好物のライスプディングをあげるらしい。

みんなが誰かのNisse!ボーンホルムス・フォルケのニッセごっこ

 さて、学校で発表された「ニッセごっこ」がどんな内容かというと…

くじ引きで引いた紙に書いてある人に、学校終了の18日まで何かしらプレゼントをする!というもの。

お菓子をプレゼントするもよし、たまにイタズラをするもよし。

だから学校の全員が誰かのニッセであって、自分も自分のニッセから何かを仕掛けられる側なのです。

誰が誰のニッセなのかは最終日まで秘密で、絶対に人へ漏らしてはいけないルール。

私のターゲットは「KLAUS」という人物でした。誰だか分からなかったのでさっそくルールを破って先生に耳打ちで教えてもらう。どうやら学校職員の人だとか。分かるかぃ!!

My Nisse work

 ということで、Nisseとしての仕事ぶりを発表します。

[caption id="attachment_980" align="aligncenter" width="680"]デンマーク・クリスマス・ニッセ ニッセ業① オレオかと思いきや、安い棒キャンデー[/caption] [caption id="attachment_981" align="aligncenter" width="680"]デンマーク・クリスマス・ニッセ ニッセ業② 飴かと思ったらボタンの山[/caption] [caption id="attachment_982" align="aligncenter" width="225"]デンマーク・クリスマス・ニッセ ニッセ業③前日の夜に食堂に罠を仕掛ける。ライトにミノ虫が…[/caption] [caption id="attachment_978" align="aligncenter" width="225"]デンマーク・クリスマス・ニッセ ③助けを求める飴ちゃん。[/caption]

 

…とまぁ、こんな感じで悪ふざけメインのニッセ業。

高校時代、放課後にクラスメイトの机すべてにPUMAを書いてイタズラしたこと、キョンキョンのお面を教室中に貼ってデコレーションしたことを思い出しました。

ああ、楽しかった。本気でNisseに転職しようかと思うほど、私の転職でした。

私のNisseの仕事っぷり

ちなみに私のニッセは、私よりもマメに仕事をしてくれました。最初はチョコレートなどのお菓子をプレゼントしてくれていたのですが、徐々にイタズラ開始。

デンマーク・クリスマス・ニッセ玉ねぎとメントス。玉ねぎ丸かじり後を気遣ってのメントスでしょうか。

 

デンマーク・クリスマス・ニッセ

穴の開いた砂糖ケース。気付かずに砂糖を持ち上げたら、底に穴が開いていて砂糖がダダ漏れ。1人むなしく、掃除しました。。

imgp3318

最終日のパーティー前も我がニッセは働いてました。この風船はパーティー会場に至るまで何個も!中には飴とかお菓子が。

学校最終日のパーティーで誰が誰のNisseだったかを発表。それはまた後日アップします。

おまけ

 他のニッセはこんな感じ。

img_0857

サッカー好きな男子の顔をコラージュしたニッセ。ちなみに作者は日本人です。

スポンサードリンク