We japanese doesn't do home party so much.

So I surprise that every house has many dishes,glasses,wine bottles,etc.

And also there are many candles,instead for nasty fluorescent light.

Hyggelig danish party!

 陶芸家Helleの旦那Steenの叔母さんの家で、ホームパーティーに参加した。

この日は、叔母さん夫婦の金婚式でどんな料理を作るか話し合うためのパーティー。要は、パーティーのためのパーティーだ。

フィヨルドで採れたてのオイスターが前菜

到着早々、シャンパンで乾杯、前菜としてフィヨルドで採ってきた生ガキ!

[caption id="attachment_118" align="aligncenter" width="300"]昼採れオイスター。 昼採れオイスター。[/caption]

他にもチーズ、サラミなどのスナックがあり、広ーいキッチンダイニングでいただく。

 

まるでおシャンティなスタンディングバー状態。

かつ、日本のような遠慮をせずにがつがつ食べれるのも気が楽だ。

[caption id="attachment_119" align="aligncenter" width="300"]Fancy kichen Fancy kichen[/caption]

 

この時、総勢11人ほど。

見知らぬ人も多かったが、まずは握手してご挨拶。

デンマークではこれが常識。

日本だとこういった挨拶が定着していないから、

見知らぬ人が多いパーティーとかで居心地が悪いんだよな~。

 

その後、ダイニングに移動して食事開始。

メインは牛肉の煮込み(でっかい骨付き)とマッシュポテト。

デンマーク伝統料理らしく、胃にずっしりきた。

 

さて このパーティーの目的は、

4月に行われる叔母さん夫妻の結婚50周年パーリーの料理会議。

何を作るか、白熱した議論が繰り広げられていた。

当日は70人ほどのゲストを呼ぶらしい。

大規模!!

 

日本の感覚だと、

ホテルにビュッフェを頼むとか、 居酒屋にいくとか外食をすることが多いけど、

デンマークは外食が高い、かつ大して美味しくもないということで ホームパーティーが主流。

Helleの旦那Steenは元シェフだったこともあり、こういった大人数のパーティーの料理でもお手の物らしい。

パーティーの主催者の叔母夫婦、親戚一同であれがいい、これも食べたいと、白熱した討論をしていた。

こういう準備段階でも本人たちはとても楽しそう。

何でも買って済ませてしまう日本 面倒なように思えるかもしれないけれど、自分たちで計画して料理を作ってというのは楽しい。

ホームパーティーで辛い事

ちなみにこのパーティーの参加者は私以外デンマーク人。

積もる話はデンマーク語。

デンマーク語の単語力200前後とシックス・センスを駆使して、

今何を話しているのか当てるクイズを、脳内で開催。

しかし、途中でカードゲームが始まり

(ごきげんようのサイコロみたいに、引いたカードに書いてあるお題を話す)

ここで私のHPも0に。。

私は仮想世界(ネット)にトリップしてその場をやり過ごしました。

デンマーク語を習得しようとは思わない(というか出来ない)のだが、

こういった場面ではいつも申し訳なく思う(きっと本人たちはさほど気にしていない、だろう)

朝からキャンドル!

この日は、B&Bも営んでいるこの叔母夫妻の敷地内にある

別邸で就寝。

まじで土地が広い。住みたい。

[caption id="attachment_123" align="aligncenter" width="300"]もはや家。 もはや家。[/caption]

翌朝もみんなでダイニングにてBreak fast。

朝からキャンドル、点いてます。

[caption id="attachment_122" align="aligncenter" width="224"]Breakfast with candle Breakfast with candle[/caption]

日本に帰ったら、ギラギラした蛍光灯を捨て去り、

 

暗すぎる!っちゅうくらいの間接照明とキャンドル生活に移行しよ。

 

そして、朝食を食べて解散。

これから、私の念願の!目的が果たされます・・・。

つづく!

スポンサードリンク