豪華客船の旅を終えて到着した5か国目のスウェーデン。

ストックホルムでは旅先で出会った在住のドイツ人に教えてもらった、おすすめの美術館と博物館、そしてレストランを巡って気分上々でした。

 ストックホルムでおすすめの美術館は、たびねすという旅サイトに寄稿しましたのでご覧ください⇒ 沈没船にノーベル賞まで!ストックホルムのユニークなミュージアム5選

 ストックホルムに滞在後、スウェーデン第二の都市「ヨーテボリ(Göteborg)」に移動。ここからデンマークへ向かうフェリーがでているので、ここに1泊することにしました。

 そして、ヨーテボリでのミッションは…世界一大きいと言われているシナモンロールを食す!

老舗カフェ「Café Husaren」のシナモンロール

 噂のシナモンロールを売っている「Café Husaren」は、地元の人や観光客に人気のハガ(Haga)地区にあります。アンティークショップや多数のカフェ・レストランが並ぶ小奇麗でおしゃれなエリア。

Cafe husaren・スウェーデン・ヨーテボリ・シナモンロール

店内は…

husaren-mini-re1800年代に造られたガラス天井など、アンティークな雰囲気の内装。優雅な気分に浸れて、勉強も、噂話もはずみそう。ご覧のとおり、店内は満員御礼。

そして念願の世界一大きいシナモンロールはこれだ!

Cafe husaren・スウェーデン・ヨーテボリ・シナモンロールドンと横たわるこのパンがCafe husaren名物のシナモンロール。山崎パンのスナックゴールドの見た目と酷似しています。山パンがパクッたのでしょうか?

さて、肝心の大きさですが、単品だと分かり辛いのでカップと比較してみました。

Cafe husaren・スウェーデン・ヨーテボリ・シナモンロール

あれ?そんなに大きくないのでは?という声が聞こえてきますが、このカップ自体も普通のカップより1.8倍位でかいのです。比較対象を完全に間違えた…。

直径20cmはありそうなシナモンロールは、顔よりも大きく、上には砂糖が大量にかかっています。

Cafe husarenのシナモンロールの味は?

 こういった巨大な食べ物は、だいたい大味だということが相場で決まっています(個人調べ)。さて、このシナモンロールは予想を裏切ってくれるのか?以下、実食レポートです。

  • 最初の1口目…上にかかっている砂糖が持ち上げるだけでパラパラと落ちてきて、食べにくい。味は想像より美味しい。ナイフとフォークが必要(店員さんに言えば出してくれる)
  • 2口目~10口目位…同上
  • それ以後…味に飽きて、持ち帰る。

 味はそんなに悪くなかったけど、やっぱり普通サイズのシナモンロールと比較するとパサつきがあって、大味感は否めませんでした。

 でも周囲を見渡すと、この大きいシナモンロールをひとりで食べている人は私だけ。みんな、家族や友人とシェアして食べていました。そりゃそうだ。結局、食べても食べても減らないシナモンロールは2日かかって完食。

感想としては、世界1大きいシナモンロールを食べたぞ!というネタ的には面白いという程度です。留学先のスカルス手芸学校のシナモンロールの方が断然おいしかったので…。

実はこのカフェ、シナモンロールのほかにもガラスケース内にはケーキやクッキーもあります。そちらの方が美味しそうだったので、次ここへ来るならケーキを頼みます。

Café Husaren・スウェーデン・ヨーテボリ・シナモンロール

Cafe husaren

Address: Haga Nygata 28
Stop: Hagakyrkan
Phone: +4631136378

スポンサードリンク