デンマークから帰国後、織物に興味があったので日本のどこかで体験できる場所を探していたら、workaway上で織物作家さんを発見。ワーカーの仕事はアトリエ掃除などの雑務だったのですが、織物作家さんの暮らしを垣間見るには絶好のチャンス!ということで2016年の11月は3週間のボランティア・ワークをしてきました。

日本Workaway

福島っ子からフィンランド人まで

 滞在先ではボリビアで織物を教えに青年海外協力隊に行っていた女性がスタッフがいたり、最後の1週間はフィンランド人とスペイン人がworkawayで滞在。また、勝山竹細工をやっている青年や、フランス帰りのアーティスト、田舎暮らしに憧れて移住した30代半ばの女性など、都会のオフィス勤務では出会えないような人々と遭遇。

 人の生きる道は十人十色で、自分の道は自分で開拓すべきだーギアナ高地4泊5日トレッキング中に思ったことを改めて思い出しました。

 

 

 

 

 

 

スポンサードリンク